大阪AGA加藤クリニック|発毛育毛専門クリニック

大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル4階

english

chinese

ザガーロについて

ザガーロとは

ザガーロとは

「ザガーロ」とは2015年9月28日に承認されたばかりの新しい薄毛・AGA治療薬で、グ ラクソ・スミスクライン(GSK)社から2016年6月13日発売予定です。商品名は「ザガーロカプセル0.1㎎・同0.5㎎」で0.1㎎と0.5㎎の製剤があります。主成分は「デュタステリド」でMSD社のプロペシア(フィナステリド)と同じ「5α還元酵素阻害薬」に分類され、日本では「アボルブ」と同主成分で前立腺肥大に適応があり、生え際や前頭部、頭頂部における効果はプロペシアと比較し(違い)、プロペシアよりも強力です。

名前の由来は「究極」を意味する「Z」に男性型脱毛症の「AGA」からつけられたそうです。飲み方・服用方法は1日1回で食事の影響は受けません。インタビューフォームや添付文書の副作用にはED、性欲減退(リピドー減退)などがあります。また「初期脱毛」が起きる可能性や女性は触れないこと、子作り中は服用しないこと、服用中はPSAが1/2になったり、輸血ができません。処方価格は薬価が未定のため近日発表予定です。

自由診療で保険適応はありません。当院では引き続きアボルブも処方いたしますが、ご希望の患者様には「ザガーロ」の処方も可能です。プロペシアで効果が実感できていない方はザガーロへの切り替えでより発毛が期待できます。またプロペシアとザガーロとの併用は一般的ではありません。ミノキシジルとは作用機序が違うため併用するとより効果が高いでしょう。

予約・問い合わせフォーム