大阪AGA加藤クリニック|発毛育毛専門クリニック

梅田院 : 06-4798-2323

難波院 : 06-6484-2323

毛髪用注入剤

AGAメソセラピーとは?

頭皮の髪が薄くなっている部分に発毛成長因子(グロースファクター)を注射器で直接頭皮に注入する最先端の発毛治療です。 薄毛が進行している部分の弱った毛根の細胞を活性化し、髪の成長を促すことにより、発毛効果が期待できます。

当院ではDR.CYJ Hair Fillerを注入剤として使用しており、毛髪再生用ペプチド化合物を注入することによって、頭皮の血液循環を促進して毛嚢を再活性化させます。 毛嚢のサイズ自体を大きくして、毛髪の成長を導き、脱毛を抑えることができるのです。 注入時には、HAiJeta(ハイジェッタ)という自動注入器を使用し、正確な注入量を設定して薬剤を均等に注入します。 非常に細い針を使って、少量ずつ注入していきますので、痛みはほとんど無く、無麻酔で施術を受けていただけます。


当院のAGAメソセラピーの特徴

  • 痛みがほとんどありません
  • 施術は10分~15分程度で終わります
  • 厳選したグロースファクターを使用します。
  • 当院オーダーメイド処方薬との併用で爆発的な相乗効果

毛髪成長因子(グロースファクター)とは?

毛髪成長因子毛髪成長因子グロースファクター(細胞増殖因子)とは、体内で生成するコラーゲンやエスラチンなどの細胞をはじめ、すべての細胞の増殖をコントロールする働きを持つ、タンパク質の一種です。髪の工場である毛母細胞に対して「新しい髪の毛を作れ」という指示を出す成長因子を発毛成長因子といいます。この成長因子が不足してしまうと髪の毛の成長シグナルも止まり、薄毛が進行してしまいます。

AGAの方は髪の毛の成長させる機能が長期間低下しているため、この指示がでていない状態になっています。そこで、AGAの患者様の特に薄毛の部分に、注射でこの毛髪成長因子を注入してあげるのです。当院では、AGAメソセラピーとオーダーメイド処方薬を併用する治療実績が多くなっています。


Dr.CYJヘアーフィラーは、男性・女性ともに一般的な薄毛・脱毛症に効果的です。

治療期間

2週間~4週間おきに、1回の施術を4回行います。
4回の施術終了時に経過を観察し、治療効果の判定をします。

満足な改善が見られた場合は治療を終了し、抜け毛の予防のケアを行います。
良好な改善が見られた場合は、治療継続の意思を確認し継続します。
満足な改善が見られない場合は、治療を中止してください。

治療に際して注意を要する方

 

メソセラピー施術のリスクと副作用

・副作用として報告されている事例がありませんが、リスクとしては注射部位の発赤、
腫れ、浮腫み、血腫、かゆみ、わずかな痛みが治療後に発生する可能性があります。


DR.CYJ Hair Filler 料金表

回数 料金
1回 60,000円
4回 200,000円
8回 400,000円
12回 600,000円

Q&A

痛みに関して

痛みはあるか?

Hair Fillerに含有されているハイブリッドペプチドは分子量が非常に小さい為、注入時の痛みはかなり少ないです。


痛みの緩和の工夫は?

可能な場合は表面麻酔(麻酔クリーム)を使用します。

術後のケア

術後に気をつける事は?

施術当日は、整髪料などは使わず清潔に保つ。
施術当日の洗髪は、洗髪料などを用いず流水で洗い流す程度。
術後7日間は毛染め・パーマなどは禁止。

効果/維持について

治療終了後、どのくらい維持されるか?

治療終了をした後の薄毛の進行の程度には個人差があります。
もともとAGAの傾向が強い方は3か月~6か月の経過により再度、抜け毛が増加してくる場合があります。


維持の方法は?

男性、女性ともにテストステロンと5αリラクターゼの結合を阻害し抜け毛の予防に努める必要があります。
Hair Filler関連商品のペロバームなどでジヒドロテストステロンを抑制する事で維持期間を長期に保つことが可能です。


治療終了後、継続治療の必要性は?

患者の個人差にもよりますが、3か月~4か月に一度の間隔でHair Fillerによる経過治療が推奨されます。

DR.CYJ Hair Filler発毛事例

Case 7:男性 48歳 2週間に1セッション 計8週間

Case 7


Case 18:男性 43歳 2週間に1セッション 計8週間

Case 18


Case 26:女性 51歳 2週間に1セッション 計8週間

Case 26


Case 31:女性 35歳 2週間に1セッション 計8週間

Case 31


梅田院ご予約受付中 難波院ご予約受付中 LINE予約はコチラ