大阪AGA加藤クリニック|発毛育毛専門クリニック

大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル4階

english

chinese

Dr.K スカルプクレンジングシャンプー

Dr.K スカルプクレンジングシャンプー

頭髪専門クリニック当院院長監修、Dr.K スカルプクレンジングシャンプー(400ml)
アミノ酸系の洗浄成分が余分な皮脂のみを洗い流し、豊かな泡立ちで頭皮を優しく清浄な状態へ導きます。
植物由来エキス(整肌)、カキタンニン(整肌)、ヒアルロン酸(保湿)が頭皮に潤いをもたらし、すこやかに保つことで、髪にハリ・コシを与えます。
頭皮環境に最適な、コンディショナーいらずの自然派シャンプーです。

頭皮に優しいシャンプー配合成分

植物由来エキス(8種類配合)

ショウガ根エキス
  • 抗酸化作用
  • 血行促進作用
  • 抗菌作用
オタネニンジン根エキス
  • 血流促進
  • 抗炎症
  • 抗脂漏
  • 皮膚柔軟
  • 保湿
カンゾウ根エキス
  • 抗酸化作用
  • 保湿
  • 湿潤剤
  • 皮膚コンディショニング剤の機能
アロエベラ葉エキス
  • 美肌効果
  • 美白効果
  • 火傷などの傷を治癒する効果
チャ葉エキス
  • 肌引き締め作用
  • 美白作用
  • 抗酸化作用
  • 消臭作用
アシタバ茶/茎エキス
  • 抗酸化作用
  • 健康維持
キハダ樹皮エキス
  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 血圧降下作用
  • 中枢神経抑制作用
  • 抗炎症作用
  • 細胞性抗体産生抑制作用
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
  • 保湿
  • 頭皮の血行促進

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸と聞くと、肌に良い成分というイメージが強いのですが、実は髪のケアにも有効な成分となっています。
また、ヒアルロン酸自体、元々体内に存在する成分で、保水力に優れているのが特徴で、ヒアルロン酸1gで、約水6Lもの保水力があると言われています。
そんな、ヒアルロン酸は、身体に必要な成分のひとつですが、傷みやすい髪のケアやダメージ予防にも効果があります。

保湿効果 ヒアルロン酸は、優れた保水力があるので、髪に潤いを与えることができます。
髪は、乾燥すると髪がパサパサになり、ダメージを受けやすくなるため、ヒアルロン酸を配合した保湿効果のあるシャンプーでしっかりとしたケアを行いましょう。また、髪が潤うと髪に自然なツヤが出るようになり、シャンプー後に髪がキシキシする心配もありません。
髪の保護 髪は乾燥してしまうと、寝ている際に枕と髪に摩擦が起こるので、どうしてもダメージを受けてしまいます。
しかし、髪をヒアルロン酸で保湿しておくことで、乾燥やダメージから髪を守ることができるため、保護するためにもヒアルロン酸が美しい髪へと導く為の重要な成分です。

柿タンニン(カキタンニン)

柿タンニンの効果
①消臭 悪臭成分と結合し、別の成分に変化することで臭いの元から絶つ高い消臭効果が期待できます。このため、加齢臭や体臭を抑えるボディーソープやシャンプー、足の臭いを防ぐ靴の中敷など様々な商品が開発されています。
消臭効果は高いものがありますので、体臭や頭皮の臭いが気になる方は、柿タンニンが配合されている商品を使うといいでしょう。
②殺菌 柿タンニンには、雑菌やウイルスを寄せ付けない防菌効果や殺菌効果があります。雑菌の繁殖は体臭や頭皮の臭いに繋がる原因の一つです。消臭と雑菌の相乗効果が期待できます。
③抗酸化作用 身体を酸化させサビさせる活性酸素。この活性酸素が発生することにより、私たち人間の体は老化します。
白髪・シミ・シワなどの原因もこの活性酸素です。
柿タンニンはポリフェノールの一種なのですが、活性酸素の働きを抑える高い抗酸化作用をもちます。ですので、老化を予防したり動脈硬化を予防する効果があります。

オリゴペプチド-24

代謝にかかわる「EGF様物質」
EGFとは、人の体にもともとあるタンパク質の一種。
上皮細胞増殖因子とも呼ばれ、肌表面にある受容体と結びつくことで、新しい細胞の生成、つまり新陳代謝を促進させます。
発見者である博士は、ノーベル生理学医学賞を受賞したほど、いま注目の成分なのです。
オリゴペプチド-24は、このEGFと同じ働きをします。
新陳代謝が活発になれば、健やかでトラブルの少ない頭皮を目指すことができますから、美容面での働きが期待できますね。
EGFは、配合量が濃度1%以上になると良くないという噂があります。
あまり濃度が高いと、体内でEGFを作る働きが弱まってしまうとのことですが、オリゴペプチド-24には、そういった欠点がありません。
EGFは年齢とともに、体内の量が減少して行くのでオリゴペプチド-24配合シャンプーはいつまでも艶やかな髪でいるための重要なアイテムです。

頭皮のターンオーバーをケア 私たちの皮膚は、一定の周期で常に新しく細胞がうまれています。
肌トラブルや傷が自然と治っていくのも、肌細胞がターンオーバーするからこそ。シミなどが残ってしまうのは、ターンオーバーのサイクルが遅れたり、乱れたりしてしまっている場合がありますが、しっかりとケアすることでキレイな頭皮をキープすることができます。
ご使用方法

髪をしっかりと湿らせてから適量を髪につけ、泡立てて洗った後洗い残しが無いようよくすすいでください。

ご使用上の注意
保管及び取り扱いの注意

ご購入はこちらから

Dr.K オリジナルサプリメント(ビタミン+亜鉛)

当院のサプリメントには丈夫で健康な髪にとって必要な栄養素をたくさん含んでいます。
亜鉛とマルチビタミンを7:3の割合で配合し、毎日の食事では補うことのできないこれらの栄養素をこのサプリメントが補助してくれます。
一日1~2カプセルを目安に服用してください。
院長の監修の下、作られたオリジナルサプリメントです。

配合されている成分の働き

亜鉛

亜鉛は、皮膚、骨、肝臓、筋肉などに多く含まれており、身体の機能を維持するために必要な酵素類の材料にもなっています。
体内の亜鉛が不足すると免疫力が低下し、皮膚炎や感染症のリスクが高まるだけでなく、頭皮の健康が損なわれてしまいます。
亜鉛が薄毛に効果的といわれる理由は主に二つ挙げられます。
「ケラチンの生成」と「5αリダクターゼ酵素を抑制」、この二つの理由が亜鉛に大きく影響しているのです。
亜鉛はタンパク質をビタミンBがアミノ酸に分解し、そのアミノ酸がケラチンになるために必要な成分で、体内の亜鉛が不足するとケラチンの生成に支障をきたし、健康な髪の毛が生えにくくなります。
一方、5αリダクターゼ酵素には、テストステロンを補助し健全な身体をつくっていく働きがあります。 男性の身体にはなくてはならないホルモン「テストステロン」は本来骨や筋肉、精子生成、性欲上昇などの働きがありますが、5αリダクターゼ酵素と結合してしまうことで薄毛を引き起こします。 亜鉛には薄毛の原因になる5αリダクターゼ酵素を抑制する働きがあるのです。
しかし、亜鉛だけを摂取していれば薄毛を改善できるというわけではありません。
薄毛の原因は人によって様々で、血行不良や頭皮環境の悪化、睡眠不足などの不規則な生活習慣が原因で亜鉛を摂取していても薄毛が進行してしまうこともあります。
亜鉛を摂取することは、薄毛予防や改善に効果がみられますが、共に食生活や生活習慣を見直すことも大切です。

亜鉛の副作用 主な副作用としては、吐き気、嘔吐、めまい、頭痛、発熱、倦怠感、腎臓障害、神経障害、脱毛などの報告結果があります。
胃腸が強くない人の場合、亜鉛が原因だと気づかずに過剰摂取を続けてしまうこともあるため注意しましょう。
また、亜鉛の過剰摂取でも初期の段階では明確な体調不良には至らず、倦怠感だけに留まることもありますので、少しでも体調に異変を感じたときは摂取量を見直し、それでも体調がすぐれない場合は医療機関を受診しましょう。
薄毛対策のために亜鉛を摂取している人にとって一番恐ろしい副作用は、過剰摂取を長く続けることでの起こる脱毛です。
亜鉛を過剰摂取すると、亜鉛が銅の吸収を阻害し、銅不足の状態になり銅欠乏症を引き起こす可能性があります。銅欠乏症になると、体内で銅が正常に吸収されず、鉄の吸収もうまくいかなくなり、貧血などの症状を起こしてしまうかもしれません。
貧血は、めまいや立ちくらみなどの身体の不調を引き起こすだけではなく、頭皮にも大きく影響します。貧血で頭皮の血行が悪くなってしまうと末梢の毛細血管まで血液が上手く届かず、冷えを引き起こして毛根にも栄養が行き渡らなくなり、結果的に脱毛してしまいます。
ビタミン

髪にとって大切な栄養素のひとつに、ビタミンがあります。細胞の機能を活性化させ、髪や頭皮の健康を保つために、ビタミンは欠かせない存在です。
ビタミンといっても、現在発見されているものだけで20種類以上もあり、その性質や働きはすべて違います。ビタミンの中でも特に髪の健康に関連があるとされているものはビタミンA、ビタミンB1/B2、ビタミンC、ビタミンEです。

① ビタミンA 不足すると皮脂腺や汗腺が萎縮して、皮脂や汗の分泌が少なくなり、頭皮が乾燥します。逆に過剰に摂取しても、頭皮の栄養障害を引き起こして抜け毛の原因になることがあります。
② ビタミンB1,B2 体全体の新陳代謝を盛んにして、頭皮の毛細血管を丈夫にし、血液の循環をよくする働きがあります。不足すると皮脂の分泌異常や角質化異常が起こり、フケや抜け毛の原因になります。
③ ビタミンC 細胞を活性化させる作用や炎症を抑える作用、代謝の促進作用があります。ホルモンの分泌を盛んにし、カルシウムの吸収を助ける作用も。また殺菌作用があるのも、ビタミンCの大きな特徴です。
④ ビタミンE 脳下垂体、性腺、副腎皮質などの機能を刺激することで、毛細血管を拡張して血行をよくする働きがあります。不足すると血行が悪くなり、毛母細胞が栄養不足になるため、毛髪の発育が悪くなります。

数ある栄養素のなかでも「ビタミン」が頭皮環境を整えるのに効果的で、それぞれ作用の違う「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンA」「ビタミンC」を意識して摂ることにより頭皮環境を正常化するのに役立つといわれています。
これらの栄養素が不足していると、頭皮の乾燥だけでなく、フケや痒みも多く発生することもあるので、乾燥に関わらずしっかりと補給することをお勧めしますが、忙しい毎日の中で全てを摂取するのは難しいのが現実です。
当院のサプリメントにはこれらの髪に必要なビタミンを数種類配合しております。

ご購入はこちらから

24時間ご予約受付中 診断時間アクセス LINE予約はコチラ