大阪AGA加藤クリニック|発毛育毛専門クリニック

大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル4階

english

chinese

新着情報

コロナ後遺症脱毛について

新型コロナウイルスに感染し、回復した後に来る後遺症として、全身倦怠感、息苦しさ、関節痛、味覚障害等が報告されており、それに加えて、若い人から高齢の方まで男女問わず、髪の毛が抜ける脱毛の症状を訴える患者様が急増しています。
コロナの後の脱毛症は後遺症の中でもかなりの方に表れる症状の一つであると言われており、国立国際医療研究センターの調べでは退院後の患者様最大4人に1人脱毛症状があると言われ、当院にも2020年夏頃より相談が増えてきたとのことでした。

脱毛症状の医学的エビデンスはまだ把握されていませんが、感染すると強力な炎症反応作用が働き、免疫力低下を伴い、なんらかの作用で脱毛を誘発しているのではないかと考えています。

毛髪には毛周期というものがあり、一定期間伸び続ける【成長期】、寿命になり毛根が退縮していく【退行期】、そして抜ける状態の【休止期】になるヘアサイクルを繰り返しているのですが、一般的には、今現在の頭髪の約85%が成長期で、10数%が休止期にある状態が正常な状態です。

コロナ感染後の炎症反応に対する免疫力において、この毛周期のサイクルがおかしくなり、成長期毛>休止期毛であるはずのサイクルが、成長期毛<休止期毛になっていると考えられます。

例えば女性の場合、妊娠中は成長期毛の割合が多くなり、産後には休止期毛の割合が多くなることで、頭髪の状態が疎かとなることが知られています。
また、高熱や大きな手術後でもこれらの休止期脱毛が起こる可能性があります。

多くは自然に毛周期のサイクルが元に戻ってくると、成長期毛が増加し、毛髪も回復してきますが、不安になるのは当然ですよね。
これらの事から、コロナ感染後脱毛は休止期脱毛症であると考えます。

今まで多様な脱毛症を扱ってきた当院では、コロナ後の後遺症により脱毛症状に苦しまれる患者様の力になる事が出来ると思っております。
後遺症でお悩みの方は、当院までご相談下さいませ。

24時間ご予約受付中 診断時間アクセス LINE予約はコチラ